« 2013年6月 | トップページ | 2013年9月 »

2013年7月 6日 (土)

梅雨の道仙田

こんにちは、JBAメンバーのロボです。

今回は6月後半から7月初旬にかけての道仙田の様子をお伝えしようと思います。

・6月22日
ヒロシ選手と共に小貝川下流へ行く予定でしたが、事前に降っていた雨の影響により小貝川は流れが強く濁りもきつい状態になっていました。
そこで急遽予定を変更して道仙田への釣行となりました。

ボートの準備をしてとりあえず様子を見るためにだだ流しで岸沿いを打っていったのですが、ヒロシ選手が2バラシのみ。
昼食休憩を挟んで少し違った事をやろうと思いテキサス用のロッドに6.5インチのストレートワームのネコリグをセット。セルフウィードレスセッティングにしてアシの中へ打ち込んで行く事にしました。
最初はバイトも無く変わらない状況でしたが暫くして何気なく打った立ち木の先端でキロフィッシュがヒット。フォール中にひったくる様に持って行きました。

これでヒントを得て自信も持てる様になり終日打ち抜いた結果
623
写真の1300gを頭にキロフィッシュ2本とナイスキーパー1本をキャッチ。
ヒロシ選手はバラシのみで終わってしまいましたが、ここから二人のパターン追及が始まりました。

・6月29日
この日は友人に破竹川を案内してもらい、夕方から道仙田でオカッパリをしました。
先週のパターンがオカッパリでも有効か確認したく同じリグを投げていたのですが
629
1本のみでしたが45クラスを獲る事が出来ました。

・6月30日
ヒロシ選手たっての希望で再びボートで道仙田へ出撃。
前の週とはちょっと違うなと感じたのでネコリグに加えてトップウォーターも使っていきました。
630
この日はこの魚が最大でしたが、ポッパーの名作・ポップRで釣る事が出来て非常にうれしかったです。

・7月6日
三度ヒロシ選手と道仙田へボートで出撃。
この日はとにかく風が強くほぼ全域で南風が吹き抜けていました。

実績のあるポイントに入りたかったのですが、風のためやむなく風裏のポイントで釣りをしました。
しかし思うようにバイトが得られず午後から意を決して移動。
もう一度ポイントを確認しながら進むと大きな林のある対岸のエリアが比較的風が弱く似ずも綺麗な事に気付き釣りをしてみることにしました。
すると一流し目にヒロシ選手が50UPの雷魚をキャッチ。その後すぐに自分もナイスコンディションのバスをキャッチ。
何とか釣りが出来るギリギリの風と生命感の多さが好印象だったのでこのエリアで粘った結果…
76

76_2

ヒロシ選手にジャスト50・1800gのバスがヒットしました。
使ったのはやはり6.5インチのストレートワームのネコリグでした。

重い物から軽い物まで二人で色々と試してみましたが、一番反応が良かったのが6.5インチのストレートワームのネコリグでした。シンカーはネイルシンカー1/32~1/16が使いやすかったです。
ハード系ではトップウォーターで、特にポッパーへの反応が良かったです。
そして一番のキーになったのが風。あまり強すぎるのは良くありませんが、適度な強さの風が当たっているエリアは一気に魚が沸いてくる事が多かったです。
時間帯は朝よりも夕マズメが良かったです。

以上、皆さんの参考になれば幸いです。


| | コメント (2)

« 2013年6月 | トップページ | 2013年9月 »