« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月22日 (日)

6月度の釣果と大会速報

こんにちは、JBAメンバーのロボです。

梅雨に突入し雨が多い季節となりましたが釣果の方はいかがでしょうか?
今回はフィールドの様子と大会の結果をお伝えします。

まずは6月初旬に行った道仙田釣行の様子から。
昨年は例年に比べてヒシモが極端に少なくアフターの時期から好釣果が始まったのですが、今年はヒシモも例年通りに生えており少し厄介な状況になっています。
この日は遅めの出発でしたが自分が3匹、ヒロシ選手が1匹と少々物足りない結果となりました。
68


最大魚は写真のキロフィッシュでした。
アシのポケットへ高比重ノーシンカーを入れての一匹です。
去年と変わらないのはバスのコンディション。この魚も40cmに満たないサイズながら餌をガッツリ食っていて元の状態より明らかに肥えているナイスコンディションでした。
他の魚も同様で、釣れればサイズ以上の引きが楽しめる感じです。
道仙田へ釣行の際はヘビータックルとヒシモ対策をお忘れなく!

続いては昨日の小貝川下流のレポートです。
午後からアルミボートにて一人で出撃、水は5月の状況よりは良くなっていますがまだ濁りが入っています。
八間ワンド周辺を中心にポイントを回り最後は少し上流の本流を流したのですが…

Photo


2


3


まさかの雷魚祭りでした(笑)
最初の一匹はフロッグだったので仕方ないですが、残りはゼロダンと高比重ノーシンカーでの釣果でした。
引きは楽しめましたが、やはりバスを釣りたかったのが本音です。偶々一緒になったJBAメンバーの方は着て早々に1300gのバスをキャッチされたとの事でうらやましい限りでした。
大雨の影響も落ち着いて水質も安定してきたので今後に期待です。

最後に大会結果のお知らせを…
6/20から6/22日にかけて土浦新港を会場にしてWBSスーパー3DAYSが開催されました。
JBAからは蛯原プロ・増田選手・中嶋選手で結成した「Team零弾HERACLES」が出場し 、三日間を戦い抜きました。
上位入賞には至りませんでしたが、日替わりで大きく変わるコンディションの中三日で11530gのウェイトを叩き出しました。
選手の皆さんお疲れ様でした!来年も同じチームで出場&活躍に期待しています。

3_2

| | コメント (0)

2014年6月 3日 (火)

復習釣行

こんにちは、JBAメンバーのロボです。
今回は6月1日に小貝川下流へヒロシ選手とアルミボートで出撃した時の様子をお伝えします。

5/25に行われたJBAの大会に自分達も参加していましたが、結果は1210g1本で4位という結果でした。
そこで、せっかく優勝者のパターンやエリアも知る事が出来たのでおさらいの意味も込めてもう一度アルミを出して同じエリアを釣ってみようというのが今回の釣行の目的です。

時間も当日と同じ4時集合でスタート。
さっさと準備を済ませモーニングバイトを狙うべく一路下流域のワンドを目指します。
スタートした時にスロープには自分たちの他に一艇しか確認できず、その一艇もスロープ付近を釣っていたのでワンドは実質化し切り状態でした。
入り口から攻め始めて暫くした頃、待望のバイトが…

61

1150gのナイスバスはゼロダン+ダブルモーション(スカッパノン)での釣果です。
パラアシの中に入れてアシに絡めながらゆっくりとロッドワークでリグを上げてきたのですが、ピックアップ直前でバスが水面まで追ってきてダブルモーションを食いました。
ボトム系のリグでこの様な食い上げは初めての経験だったので、ダブルモーションのアピール力を改めて思い知らされました。

暫くして一度ワンドを出て対岸を釣っていたのですが、ここでエレキのトラブルが発生してスロープへ戻る羽目になってしまいました。
戻りながら各ポイントを確認したのですが、10艇近い数のアルミが浮いていて皆苦戦している感じだったのが印象的でした。
1時間程でトラブルは復旧しましたが朝マズメの貴重な時間をロスしてしまい、下流に戻ってからは最近ヒロシ選手が頻繁に釣果を出している昼前後の時合いに期待していました。

暑さとプレッシャーに苦戦しながらも色々とポイントを回っているとヒロシ選手に待望のバイト!慎重にやり取りして上がってきた魚は…

61_2

1300gのアフター回復バスでした。
高比重のノーシンカーワームにひと工夫加えたリグでの釣果です。
時間はやはり11時から12時の間で、予告通り昼の時合いでのバイトでした。

13時頃に一度昼休憩を入れたのですが、その頃から上流に戻るボートが増えました。
結局、夕方まで下流域に居たボートは自分たちを含めて2艇でしたがエリアが被る事が非常に多くこちらの考えていたローテーションが全く出来ない状態になってしまったので夕マズメは自信のあるカレント絡みのストレッチを流す事にしました。

結果的に昼以降バイトは得られず2本で終了となりましたが、朝から19時までやりきった事と厳しい状況で二人ともバスをキャッチできた事は大きな経験となりました。

今後もこの様なおさらいや修行釣行は大事にしていきたいと思います。

| | コメント (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »