« 2014年11月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月24日 (土)

初バス釣りました!

こんにちは、JBAメンバーのロボです。

早いもので2015年も1月下旬となりましたが皆さん釣り初めには行かれましたでしょうか?

今回は自分とヒロシ選手の初バスのレポートをしたいと思います。

去年の12月はお互いに仕事が忙しく釣りに行けない週末が続きました。
自分は年末年始の休みに入ってから時間を見つけては釣りに行っていたのですが、小貝川・道仙田共に状況は悪くバスはおろか巨大魚にも相手にされない日々でした。

年が明けてようやくヒロシ選手と釣りに行ける日が出来たので朝から出撃。
しかしこの日は西風が強く最初に向かった道仙田は釣りにならない状態でした。
お昼前の一勝負で風裏になるポイントに入ったのですが、ここでヒロシ選手がやってくれました。

Photo

半日であっさりキロフィッシュを釣ってしまいました。
去年50アップを2本獲った勢いは今年も続きそうです。
ルアーはノンラトルのシャッドで速目のストレートリトリーブでブロックに当てた時に食ったそうです。

この日はここで大半を過ごしましたが結局この一本で終わりました。
この時点で自分は5連荘の凸でした(泣)

自分は正月の休みが終わり再び釣りに時間が割けない日々でしたが、24日土曜日の午後が空いたのを見計らって一人で釣行してきました。
風がほぼ無く釣りはし易い状況だったので最初は道仙田の深場を探りに行ったのですが無反応。
既に16時前だったので夕方はヒロシ選手が釣ったポイントに賭けようと思い移動しました。
ここは県南エリアでは冬場の定番スポットとして知られており常に何人か居るのが当たり前なのですが、今回は幸いにも先行者は一人でシーンとしていました。
これはチャンスだと思い丁寧にシャッドで探っていくとすぐにゴミあたりがありました。
とりあえずあわせて魚種を確認してからどうするか決めようと思い浮かせてみると尻尾が黒い=バスではないですか!
スピニングタックルに4ポンドのラインだったので出来る限り丁寧にやり取りしてキャッチ!

3


2

ハンドランディングする時にでかいなと思ったのですが、測ってみると52cm1800gのビックワンでした。
使ったのはヒロシ選手と同じくノンラトルのシャッドで自分はスローリトリーブで使用しました。

この後更に一匹掛けてランディングまで行ったのですが焦ってしまい寸前でばらしてしまいました。目測でキロはあったと思います。

こんな感じで今年は二人とも1月中に初バスを手にする事が出来ました。
周りを見ているとメタルルアーやバイブレーションを使用してリアクション狙いの方が多い様に感じます。
場所は土浦港や新川が人気で、特に新川は温排水もあり釣堀のような状況でした。

確実に魚をストックしている人気スポットで釣りをするのもひとつの手ですが、人のプレッシャーで魚が口を使わず釣れなくなっている場合も確実にあると思うので時間帯をはずしてみたりあえて人の少ない場所を狙ってみるものいいかと思います。

これで満足せずに春に向けて頑張りたいと思います。

| | コメント (4)

2015年1月 3日 (土)

2015 JBA 第1戦 

本日 1月3日  強風の霞ヶ浦にて JBA第1戦が開催されました。

15艇 30名 参加の中  釣って来たのは わずか1艇!

Securedownload2

優勝   平川・藤野ペア  1本  1130g

極寒の霞ヶ浦をやりきったワンテンジャーク!!

平川・藤野ペア おめでとうございます!!

また、 参加された皆さん お疲れ様でした。

Securedownload1

| | コメント (0)

2015年1月 1日 (木)

明けましておめでとうございます!

明けましておめでとうございます、JBAメンバーのロボです。

遂に2015年がスタートしましたが皆様いかがお過ごしでしょうか?

今回は新年の挨拶と去年の釣果報告をしたいと思います。

去年はバサーのオールスター辺りから自分もヒロシ選手も仕事が急激に忙しくなって、なかなか釣行の時間が取れない状態になってしまいました。
それでも合間を見ながら何とか時間調整をして小貝川と道仙田にはつりに行くようにしていた感じです。

去年の減水期の小貝川は誰に聞いてもあまり思わしくないという返事が返ってきました。
自分達も例に漏れず苦戦を強いられ、更に追い討ちを掛けるかの様にメインエリアの土手で大規模な工事が始まってしまい釣りが出来るエリアがかなり絞られてしまいました。
色々と新規開拓したりルアーを変えた結果シャッドテールの水面直下引きが割りと効果的だとわかったので自分はメインルアーとして使用していました。

Photo

夕方になるとこんな感じの魚が突然襲ってきたりして楽しい思いも出来ました。

一方の道仙田は秋になってもヒシモの残りが多く釣りあぐねていたのですが、JBAメンバーとの釣行でヒシモ打ちが有効なのを目の前で見せられてやっと答えが出たなと感じました。
季節が進み晩秋~初冬になるとヒシモは消えたのですが、水中に残ったヒシモの根が水を悪くしてしまい風が吹いたり雨が降ると濁りが発生するようになりました。

Photo_2


2


そんな中でもジャークベイト(サイドステップ)やシャッドで何とか型を見る事は出来ました。
水深があるエリア+ブレイク+ハードボトムがキーのようです。

自分達の釣果はこんな感じでしたが、他のフィールドでは毎週でかい魚を釣っている方も居たりして釣り方次第ではどうにかなるんだなと痛感させられたりもしました。
特に新利根川のポテンシャルは凄いと思いました。

年末年始の休み前までは上記の様な感じでしたが、休みに入ってから状況はかなり厳しくなりました。
自分は28日と30日の午後に道仙田でシャッドとメタルのみで勝負したのですが、ワンバイトあったのみで撃沈しました。
年明け早々の3日にはJBA第一戦も控えていますがかなり厳しい戦いになると思います。
しかし、寒さに負けずキャストし続ければ結果は出ると信じて今期の冬も頑張りたいと思います。

皆様、今年もJBAを宜しくお願いします。
   

| | コメント (0)

« 2014年11月 | トップページ | 2015年2月 »