« 2015年5月 | トップページ | 2015年10月 »

2015年8月 9日 (日)

真夏の小貝川と道仙田

こんにちは!JBAメンバーのロボです。

暑い日が続いていますが皆さん釣果の方はいかがでしょうか?
今回は先日行われたJBAのトーナメント結果とプライベート釣行の報告をしたいと思います。

まず7月26日に行われた小貝川下流戦の結果です。
Photo


2

優勝は1700gオーバーを筆頭に3本揃えてきた蛯原・佐藤チームでした。
10時過ぎまでノーフィッシュだったそうですが上流へ移動して一気に揃えたとの事です。

今年の小貝川下流は魚に変化があったようで、去年まで殆ど釣れなかったキーパーサイズが多くキャッチされるようになりました。上位の方では2桁キャッチの方も居たようです。
これから魚が増えて少しでも楽しめるフィールドになって欲しいものです。

ちなみに、自分はというとこの日はノーフィッシュで終了。
多忙で準備不足な事もありましたが流石にこれは練習不足だと思い翌週の週末は土日共に釣りに行ってきました。

土曜日は小貝川の下流で先週の復習。
普段やらないような場所も含めてライトテキサスを打ちまくりましたがバイトはあれど午前中ノーフィッシュ。
お昼前に流れのある場所でバイトがありまぁまぁのサイズを掛けたのですがキャッチ寸前でフックアウトしてしまいました。
これをヒントに午後も頑張ったのですが1バイトあったのみで終了となりました。

日曜日は友人と朝から道仙田へ行きました。
この日は後ろが好調で朝から小さいながらもバスを簡単にキャッチしていました。
しまいには何も無い沖にバイブレーションを投げて2連続でキャッチする等余裕もあったようで前でエレキを踏んでる自分にはかなりのプレッシャーとなりました。
お昼を回った時点で友人は10本ほど釣って自分はまたしてもゼロ…

この日は風と夕方の天気の急変に期待していたのですが午後から待望の風が強くなってきてカレントが生まれました。
これはチャンスと踏んでカレントで水が澄んだエリアのシェードを狙って釣って行きました。
すると小さいながらも待望のバイト!
1

44cm1420gのナイスフィッシュが飛び出してきました。

ようやく正解が判ったので同じような場所へアプローチしてみると…

Photo_2

追加で1150gをキャッチ。
カレントの絡むシャロー+奥行きのあるパラ葦+大きなシェードの要素が揃うとデカいのが入ってくる感じでした。

その後、友人がでかいのを掛けたのですがミスでばらしてしまいその後は異常なく終了となりました。

道仙田は小貝に比べればまだ簡単でサイズを選ばないのであれば3インチ程度のワームで数釣りも楽しめると思います。
ただしギルバイトが非常に多いので消耗戦になる事は覚悟して下さい。

暑い中でも熱心に釣りをされてる方を多く見受けましたが熱中症と車上荒らしにはくれぐれもご注意ください。
特に車上荒らしに関しては毎週の様に被害の話が耳に入ってきています。
釣り道具を狙った窃盗団らしいので車から離れる時は車内にタックルを置いていかない、人が居ない場所に車を停めない等自衛をお願いします。

| | コメント (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年10月 »