« 2018年小貝川と道仙田釣行記・前編 | トップページ | 牛久沼・小貝川53pickupのお知らせ »

2018年12月24日 (月)

2018年小貝川と道仙田釣行記・後編

秋口からは再びオカッパリへとスタイルを変えいつものバンクを徹底的に調べながら釣りました。
9月10月はサイズを選ばなければ数はそこそこ釣れるしサイズもたまに良いのが混じって非常に楽しかったのですが11月辺りから水がクリアアップし始めて少雨から減水も進み魚は居るけど天才ばかりの難しい状況になりました。

思う様に釣果が伸ばせず苦心している時に丁度高校時代の釣友(かなりの腕の持ち主)と小貝川で釣りをする機会があり自分が苦戦している場所へ案内して実際に釣り方を見せてもらいました。
結果はあっさりと2キロ近い魚を仕留めてしまい考え方など色々聞いたのですが自分には思いつかない様な事ばかりで非常に参考になりました。

そのデータを元に翌週ひろしさんと同じ場所へ。
久しぶりのひろしさんに場所と魚を実際に見てもらい考え方も教えて臨んだのですが…
7
見事にナイスバスをキャッチ!47.5cm・1750gでした。

さて、色々調べて魚を見つけて来た当の本人は全く釣果に恵まれずこのままでは悔しくて穏やかに年を越せそうな状況ではありません。
ここは何としても一匹獲るという強い意思を持って時間の限り水辺に向かいました。
そして遂に…

10


9


8

モンスターサイズの捕獲に成功!
54cmは下流では見た事がない位のサイズで重さは2キロのバネばかりが余裕で振り切れる位でした。
コンディションから考えて恐らく3キロ前後だったのではと推測します。
釣り方は三者三様でしたがやはり食わせよりもリアクションに特化した釣り方に分があるようです。

今年も残す所あと1週間ほどとなりましたが来年も自他共に良い釣りが出来るよう心よりお祈りいたします。

|

« 2018年小貝川と道仙田釣行記・前編 | トップページ | 牛久沼・小貝川53pickupのお知らせ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 2018年小貝川と道仙田釣行記・前編 | トップページ | 牛久沼・小貝川53pickupのお知らせ »